一人親方とは何か?一人親方労災の補償対象や保険に加入するメリット等についてご紹介

このサイトではいわゆる「一人親方」の皆さまが安心して仕事に携る上で重要な特別加入制度について御紹介しています。
フリーランスの立場では労災による保護を受けることが出来ないため、労働災害に遭遇すると非常に困ったことになります。
特別加入制度はフリーランスの方でも保険による補償の安心を得ることが出来る制度です。
費用は経費として控除になるので是非利用を検討してみて下さい。
どのような職種を対象にするのかも要チェックです。

一人親方とは何か?一人親方労災の補償対象や保険に加入するメリット等についてご紹介

一人親方は労働基準法上の「労働者」に該当しないので労働者災害保険法(労災)の加入対象ではありません。
しかし一人親方といえども建設現場などが業務の中心であることから、一般労働者と労働災害に遭遇するリスクではそれほど差異がないのが現実です。
におかかわらず労災の適用を受けないことにより、治療のための高額な自己負担金や障害が残ってしまっても傷害補償を受けることができない等、そのリスクは高いモノです。
特別加入制度は一人親方が労災の適用を可能にする安心の制度です。

労災保険の一人親方について紹介

労働者災害補償制度は企業や個人事業主などに雇用されている、労働者が業務上や通勤中の事故や疾病に起因して死亡や休業を余儀なくされたり障害を負ってしまった場合に、労働社とその家族の生活を保障するために各種の給付制度を定めているものです。
業種や雇用形態に関係なく、すべての労働者を加入対象としており、使用者には加入義務が負わされています。
これに対して一人親方は独立したフリーランスであって、独立して事故の責任と裁量のもとで報酬を受領するという業務を遂行しています。
他者の指揮命令を受けるわけでもなく、労働の対価に給料を得ているわけでもありません。
そのため一人親方は労災保険上の「労働者」には該当しないわけです。
しかし一人親方の多くは建設業に代表されるように労災事故のリスクが類型的に高く、各種補償制度のニーズの高い現場といえます。
そういった事情も踏まえて一人親方であっても特別加入制度を通じて、労働者災害補償制度の対象になりえる道が開かれているわけです。

一人親方の労災保険の補償対象とは

一人親方で労災に入る場合は、どういった保証内容なのかを仕事中における災害や通勤途中で起きた災害などに対応しています。
その他昔ながらの言い方で言うと職業病といった、業務上の疾患なども補償対象となっているのです。
一人親方の場合は、原則でいうと労働者と同一となっています。
事業主としての行為で生じた災害においては補償対象外であり、親方として加入している場合ほとんどの作業又は行動で起きた事故は労災認定されるようです。
例えば災害とは、該当項目が必要となってきます。
請負契約を直接行う行為をしている場合や請負工事中の作業で起きた事故である場合は、適応されます。
その他請負事業において、機械を運搬している際に起きた事故も対象の内です。
通勤事故の場合は、住居と作業場所に行く途中で起きた事故は支払いがあります。
ただし往復の経路を逸脱していたり、通勤とみなされない場合の事件は、すべて保障とならないので注意が必要です。

一人親方の労災保険に加入する方法

個人事業主というスタイルでお仕事をなさっている方はとても多く、特に建築業で約80パーセントを占めています。
どなたでも一度は耳にされたことがあるでしょうが、一人親方という方がそのスタイルで業務をなされています。
労働基準法ではあらゆる仕事に従事をされている方に対して、労災保険に加入をすることを義務付けました。
しかし、それはあくまでも労働者を対象としているので、事業主は対象外です。
個人であっても一人親方は事業主となるので、保険には加盟が出来ないと考えている方も少なくありません。
簡単にここで、一人親方が労災に加入をする方法をご紹介しましょう。
まず一人親方は経営者であると同時に、職人という存在でもあります。
ひとりで工務店を経営をしつつ、現場で業務もするため、保険に加盟をすることは可能です。
社会保険事務局で所定の書類を提出して、毎月3万円の掛け金を支払えば、怪我・事故などの際に給付金を手に入れることができます。

一人親方の労災保険の保険料について

一人親方のための労災保険は、自分自身や一緒に働いている家族などの安心を与えてくれる社会保険の一種です。
保険者により一人親方の支払い額が異なるので、それぞれを比較しておくことをおすすめします。
建設業界で働く一人親方向けの労災保険の特別加入は国の保険になるので安心ですし、保険料・補償内容も同じ内容になるのが特徴です。
組合による違いには何があるのか、気になる人も多いかと思われますがこれは対応スピードや月会費、それと対応エリアの3項目です。
対応スピードは即日発行が行われるところもありますが、1週間前後や3営業日など多少時間を要することもあるので速やかに加入したい人などは対応スピードで選ぶと良いでしょう。
入会金は無料になっているところもあるのですが、この場合月会費が高めに設定されていることもあるので、入会金だけなく月会費も必ずチェックすることが大切です。
対応エリアも組合により全国になっていたり特定エリアだけになっていることもあるので、注意が必要です。

一人親方労災保険の加入制限について

一人親方労災保険に加入したい場合、加入制限はどのようなものがあるのかを解説していきます。
一人親方で入る場合は、厚生年金が適応外だったりするので注意が必要です。
一人親方をしながらだと、老後が心配と感じている人も多いといいます。
費用をとにかく安く済ませたい場合などに、一人親方労災保険組合が出来加入ができるようになったので利用することがおすすめなのです。
原則厚生年金は加入できないも、社会保険未加入だと一人で現場に入ることは許されません。
社会保険への加入が必要になってくるために、適切な保険を定めるようになったのです。
それが医療保険が国民健康保険で、年金が国民年金といえます。
個人事業主にとって頭が痛い保険の実情ですが、即日発行できるようになりました。
民間の個人年金なども入られるので、それらをうまく組み合わせることで、個人事業主でも安心して仕事ができる環境がととのったのです。
国民年金の場合、40年間払った場合は満額の78万円が支給されます。

一人親方労災保険の短期加入について

一人親方の労災保険は基本的に年度単位での加入ですが、1ヶ月など月単位など加入月数を設定出来る組合もあります。
短期加入コースだと、月数を設定可能で組合費などが割高になりますが、自分にあったコースが無い場合に向いてます。
一般的に加入する期間分の保険料などを支払いますが、組合の中には月払いで支払いが出来るところもあって月払いだと任意の月に脱退することで短期間だけ入れます。
これだと既に払った保険料などの返還手続きが不要です。
また、途中で脱退することも可能で、年度単位の通常タイプでも途中で脱退することで事実上短期間だけ加入出来ます。
この方法だと様々な手続が必要で、未経過分の保険料について返還手続きを行う必要もあって返還されるタイミングも組合で違います。
料金は返ってこないところもあるので、一人親方で短期だけ入りたいときは特別な理由がない限りは、短期コースか月払いの方を選んだほうがいいです。
暦月単位での加入なので期間には注意で、例えば1月15日から1ヶ月間の条件で入ると、期間は1月15日から1月31日です。
月を跨ぐと期間が1週間でも2ヶ月分の支払いとなります。

一人親方の労災事故が発生した場合

一人親方は独立した個人事業主であって、他者に雇用されているわけではなく指揮命令に服しているわけでもありません。
自分の責任と裁量で仕事を受注し、報酬も決定し必要経費の支出や負担、次回の業務の原材料仕入れなどもすべて自分の責任で対応しています。
この点、自分の労働力を提供して給料を得るほかない「労働者」が、業務上の災害で自己や疾患に遭遇すれば所得保障などを提供するのが公平と考えられます。
このような理念の下に創設されたのが、労働者災害補償制度、つまり労災ということになります。
一人親方は労災保険の対象にならないので、労災事故に遭遇しても他の手段で自己防衛するほかありません。
具体的には業務外の疾患をケアする健康保険で対応することになりますが、傷病手当金などが用意されてはいるものの、原則三割の自己負担金が必要など、十分な補償内容とは言えないことが問題になります。
そこで一人親方でも労働者災害補償の対象となる特別加入制度が用意されているわけです。

一人親方労災保険加入後に労働者を雇った場合の脱退手続について

一人親方や特定作業従事者などが労災保険に加入してから、労働者を雇った場合に脱退する手続ですが基本的に中小事業主の場合と変わりません。
労働基準督署長を通じて労働局長へ「特別加入脱退申請書」を提出してから、申請日から30日以内に承認を受けます。
一人親方の場合でもそれぞれの団体が定めている方法で手続きを行い、タイミングは大きく分けて年度更新時か年度途中となります。
年度更新時だと特別加入は毎年4月から翌年3月までの1年間を保険年度として保険料を計算し、多くの団体では毎年2月初旬ごろまでに更新の案内が届くので更新をしないときはこの時に止めることを希望する意思表示が必要です。
途中のときは関連した指定書類に必要事項を記入するか、Webから申し込みをすることで手続きが出来ます。
たとえばある団体だと公式サイトのマイページにログインして専用のタブから必要事項を入力して送信します。
年度の更新時だとタブからしないことを選んで、途中だと保険料の還付が発生することもあるので返金先口座情報も必要です。
ただ、クレジットカードだと月ごとになるので返金はありません。

一人親方の労災給付基礎日額について

一人親方労災保険に加入する際は給付基礎日額を選択することになりますが、これは国に納める保険料の金額と保険が適用されたときの給付額を決める際のベースとなる金額のことで、労働基準法における平均賃金に相当します。
一般的な労働者の平均賃金は収入に応じて自動的に算出されますが、一人親方の場合は算出する際の基となる給与がないため、自身で日額を設定することになります。
また、一人親方労災保険の給付基礎日額は、3,500円・4,000円・5,000円・6,000円・7,000円・8,000円・9,000円・10,000円・12,000円・14,000円・16,000円・18,000円・20,000円・22,000円・24,000円・25,000円の16段階から選択可能です。
決め方としては、「前年の年収÷365日」に最も近い金額を選択するのが一般的ですが、高い日額を選択するほど保険料は高くなるものの補償が手厚くなるので、自身のライフプランに合った日額を選択しましょう。
なお、選んだ日額は年度末まで変更できないので注意が必要です。

一人親方,労災に関する情報サイト
一人親方労災の補償対象

このサイトではいわゆる「一人親方」の皆さまが安心して仕事に携る上で重要な特別加入制度について御紹介しています。フリーランスの立場では労災による保護を受けることが出来ないため、労働災害に遭遇すると非常に困ったことになります。特別加入制度はフリーランスの方でも保険による補償の安心を得ることが出来る制度です。費用は経費として控除になるので是非利用を検討してみて下さい。どのような職種を対象にするのかも要チェックです。

Search